526.1M

2004年 4月11日(日)


シュンランが美しい


八木が鼻下から登る。上りきると右が八木が鼻の上で、左へ進む稜線 ↓

左中央の袴腰山は、このまま登りピークから右へ下る。中央の三角山へ登り左へ下る。最後は急登。

キクザキイチゲ(青花) ミチノクエンゴサク キクザキイチゲ(白花)
ナガハシスミレ スミレサイシン マキノスミレ
コシノコバイモに再会しました。なぜかかわいい。






シュンランの明るい緑色がいきいきとしています。登山道の脇にありました。






定番 赤紫ショウジョウ ピンクから肌色に近い 白いショウジョウ






イワウチワは今年初の出会い。白に近い個体から、濃いピンクまで登山道脇に咲いています。
タムシバの向こうに粟ケ岳 山頂の山桜 イワウチワは風通しの良い場所に咲く



春の花達がいっぱいでした。ミヤマキケマンも咲き始めていました。スミレ、キクザキイチゲは満開、
イワウチワも結構咲いていました。イワカガミはまだですが、シュンランが一番美しかった。
バス釣りの息子を加茂の下条ダムに送って、午後からのトレッキングでしたが、
見晴らし、パノラマもすばらしかったです。袴腰山を見直しました。

白山、粟ケ岳、光明山から、右の守門岳(春がすみ)までのパノラマ


5月の