913m
五頭山
2007年3月 1日(木)


『 五頭山 前一 ノ 峰 』


今日は山はお休み。一日ゆっくりするつもりでいた。朝の天気予報で、『午後から晴れ間が広がります』
・・・え、行かなければ、残り少ない冬が終わってしまう、とはいえ10時に野暮用が入っている。

取りうる選択肢の中の最高はなにか?
雅の基本的な発想です。

そうだ、忘れ物を 『 撮り 』 に行こう・・・

左のスキー場コースへ進みます 11:17 暫くは雪のない登山道が続きます スキー場跡
若いブナ林帯を進みます 植生復元試験地 11:50



五頭の峰峰・・・少し青空が増えてきました、想定どおり、想定どおり


五頭山といえば、短時間で登れることが最大のメリットと考えていた。
自宅からも近く、時間の制約があるときや、体調維持登山をしたいときに登っている。




何の足跡? カモシカ?クマ? これは? タムシバの新芽 (柑橘系の香がします)
出湯からの登山道に合流 7合目 12:30 尾根に乗る、松平山だろうか






五ノ峰、四ノ峰 九合目 13:00 振り返るとなかなか良いです



五ノ峰到着 13:07








四ノ峰へ向かいます ちょっと、青空が・・・・ 13:24 三ノ峰
避難小屋 振り返ると、三・四・五ノ峰 二ノ峰到着 13:32


冬は、木々が落葉して見晴らしが良くなる。五頭山も夏とは全くの別山だ。
今年は小雪だが山(雅)にはちょうどいいくらいかな?
今日は、だんだん晴れてくるとの天気予報だが・・・・なかなか晴れ間は広がらない。
しかし、気分は乗ってきました。

一ノ峰への稜線から菱ヶ岳への縦走路が見えました
新緑期に縦走しに来よう



一ノ峰 13:37


ここで、昼食タイム。もう誰もいません。絶景を独り占め。定番の特性ラーメンと・・・・
至福の時。

しかし、風は冷たいです。新雪もここニ、三日で少しつもっており、最後の冬の雰囲気。名残り惜しい。
実は、何度となく五頭山に来ていますが、全ての峰峰を廻り山頂に立ったことがなかった。
遅い昼食を済ませ『五頭山本峰』を目指すことにしました。




チョットチョット『雪庇』


菱ヶ岳への分岐 (右後ろ) 鞍部から 最後の登り 飯豊は・・・・




『五頭山本峰』より
14:44

残念ながら今日も『スッキリ飯豊』には出会えなかった。
トレースはなくなった。少しだけ本峰ピークを越して、自分の足跡を残してUターン。


風が出てきました 風紋 雪が美しいと感じてパチリ


一ノ峰


三ノ峰 15:40 どんぐりの森 16:08


冬の五頭山、気にいりました。
今度こそ、『青空と飯豊の撮り合わせ』をゲットします。


前回の五頭山へ




 シロート雅の
トレッキング日記