爺ヶ岳
五竜岳 〜 鹿島槍ヶ岳
2007年 7月28日(土)

『鹿島槍ヶ岳』


『五竜山荘』で二泊し、昨日は天気回復とともに、
『五竜岳』、『G4・G5』、『北尾根の頭』、『口ノ沢のコル』、『八峰キレット』、『鹿島槍ヶ岳北峰/南峰』、『布引岳』
と進み、『冷池山荘』に入った。


今日の天気予報は『曇り』、ところにより『霧』の予報は、一昨日と同じである。
晴れていますが、風が少し強く、雲が流れてきます。
雨が降りだす前に、扇沢まで行きたい・・・・

雲に阻まれ、ご来光はここまで・・・・ 朝の準備体操 食事を済ませ出発 5:25
扇沢まで、5時間の表示 剣岳:三ノ窓 鞍部から
5:45



『冷乗越』より







富士山は見えません・・・ みなさん、登ってきます おお、あれは・・・・『針ノ木岳、スバリ岳』






『エゾシオガマ』 りっぱな 『ダケカンバ』 『コメバツガザクラ』
『爺ヶ岳』



『双耳峰』

左:『針ノ木岳 〜 岩小屋沢岳』、中央後ろから『立山、真砂岳、別山、剣岳』


『爺ヶ岳』
山名の由来はなんでしょうか?
ここからの眺めは、すばらしいです。時間があれば、いつまでもゆったりとくつろぎたい。
爺と共に・・・・・

『中峰』
トラバースしてしまいました






『南峰』
『北峰』
(鹿島槍をしばらく見つめていたご夫婦)
松本方面
ここは、トラバースせず登ります 6:45 記念(証拠)写真


『爺ヶ岳南峰』を後にします。
これから進む『種池山荘』の赤い屋根が右稜線上に見えますし、左下に『扇沢』も見えます。(標高差約1,300m)








『コバイケイソウ』 登場 『チングルマ』
『ミヤマキンポウゲ』 『種池山荘』 7:17 山荘前は大群落
『蓮華岳』に雲が・・・ ヘツリ
『水平道』の表示 『石畳』の表示
『一枚岩』
『岩小屋沢山』の稜線



『ニッコウキスゲ』発見 今日は土曜日、どんどん登ってきます 『ヨツバシオガマ』発見
ケルン 8:41
扇沢1.7Km40分、種池4.5Km3時間半 扇沢の駐車場
登山口 9:17 
2時間で柏原新道を下りて来ました
9時半 信野大町駅行きのバスに乗車
拾ってもらいました
大糸線に乗車 登山者がほとんどです 神城駅 10:53


扇沢出会から、扇沢ターミナルのバス停までゆるやかに登ります。
あと少しというところで、バスは発車。しかし、雅の姿を見てバスは停車してくれました。
1時間に1本ですから、助かりました。

信濃大町駅からは、ワンマン電車でした。
下車口が先頭車両の一番前だけでした。ちょっとビックリしました。

神城駅からは、タクシーに相乗りさせてもらいました。(900円で、200円負担しました)



エスカルプラザ駐車場 11:05


駐車場にもどるとともに、雨が降り始めました。
結局、4日のうち晴れたのは1日だけ・・・・その1日を、『五竜岳〜鹿島槍ヶ岳』に当てられてラッキーでした。


『後立山連峰』縦走は、計画の半分に終わりましたが、十分満足です。

『針ノ木岳・蓮華岳』、『唐松岳〜不帰の瞼』は必ず登ります。


又来るよ、ありがとう。


初日遠見尾根  二日目停滞  三日目五竜岳  三日目鹿島槍ヶ岳

ポータルアルプスへ  ポータル百名山へ