五竜山荘
五竜岳 〜 鹿島槍ヶ岳
2007年 7月26日(木)

『遠見尾根』



出発

二日目、天候は悪化している。
しかし、4時過ぎから、みなさんどんどん出発している。
高校生たちは、唐松岳への縦走の予定を、遠見尾根下山に変更した。
今日も80人の高校生が登ってくる予定だったが中止になった。

若干の人は、キレット小屋に向かった。
昨日、追いつ追われつで登ってきた、富山の三人組は、唐松岳へは向かわず、往路を降りて温泉に向かった。

雅は・・・・、停滞を決めた。明日の天候は、まだ分からない。
とはいえ、ここで撤退する理由もない。
小屋で1日停滞することも、無駄ではなく、楽しむこともできる。
もし、天候が回復するえば、明日はすばらしい1日になるはずである。

結局、小屋に停滞したのは、雅一人だった。(オンリー1)

7時過ぎ、誰もいなくなった。
小屋では、まるで大掃除が始まったような感じだ。

8時に受付開始、雅しかいません。連泊サービスで個室だそうです。
食事は、夕食とべんとう2つで、お願いしました。
晴れを前提にした設定です。

大型バーナー? 今夜は個室 (連泊サービス?)
誰もいない食堂 外は荒れています コースを確認
個室でくつろぐ

小屋での停滞、雅は苦になりません。
普段は、『時間』を無駄にしないようにしていますが、こういうときは『ゆったり』が心地良いです。

10時から、個室で写真集を見ながら、早昼飯としけこんだ。
眠くなったので、布団にはいった・・・・目が覚めたら、3時だった。


『連泊のお客様』の札があった夕食は豪華だった








夕方、少しだけガスが切れた



ミヤマキンバイ? ハクサンボウフウ?






ミヤマクワガタ
7月27日(金) 『晴 時々 曇りか霧』
日の出 sunrise 4:41 , 日の入 sunset 19:08

夕方5時過ぎに、山の天気予報が発表になる。当然、下界とは違います。
下は晴れていても、雲の中ということはよくあります。

明日、起きてみないとわからない。



三日目へ