月山  1,984m 月山 2005年8月24日(水)

『ニッコウキスゲ』


火曜水曜と二日間の休みが取れた、『剱岳』へ行くつもりにしていた。
台風による影響が心配であきらめた。しかし火曜は天気がいい・・・・・残念・・・・
水曜はどこかへ行こう、百名山で日帰りが出来て、なにかテーマ性があって・・・・、欲張り 『雅』・・・・


鳥海山がそこにあった

5:14 直前に目が覚めた え、あれは 『鳥海山』? 7:34 月山はガスのなか?
火曜の夜、新潟を出発し、国道7号線を鶴岡へ、山形道の櫛引SAに着いたときには日付が変わっていた。
なぜか、ご来光直前に目が覚めた。なんと期待もしていない『鳥海山』の姿が・・・・
台風通過前の貴重な晴れを無駄にしないようにと思っていたが、また寝てしまった。
二時間後に目が覚めた。急がねば・・・・・

姥沢 8:45 出発 姥沢小屋から、リフト利用をしない登山道を避け 楽チントレを選択 8:55
9:10 玉こんにゃく 150円 うまかった 姥が岳を目指す

リフトから、稜線に黄色い花がたくさん咲いているのがわかった。
『ニッコウキスゲ』 だ、それもいきいきとしている。どうして・・・・
玉こんにゃくを食べながら聞いた。『ニッコウキスゲがどうしてこの時期に満開なの・・・・』
『いつもより残雪が消えるのが二週間遅かった』そうです。
ラッキー・・・・

ニッコウキスゲと青空



ヒメイワショウブ & キンコウカ ウメバチソウ ヨツバシオガマ



コバイケイソウ


右上方の月山はガスの中







エゾオヤマリンドウ ミヤマアキノキリンソウ ミヤマリンドウ






タカネトウウチソウ? チシマゼキショウ?
山頂湿原は、ウメバチソウが多かった 10:21 姥が岳山頂 緩やかな稜線を月山へ(右上ガスの中)


牛首 10:32












ハクサンイチゲ エゾオヤマリンドウ ウサギギク






ミヤマリンドウ シロバナニガナ ウツボグサ



エゾシオガマ アオノツガザクラ キオン


振り返ると・・・・








  


まもなく山頂か・・・ 山頂に社、道には団体(ふさぐな) 到着 12:07


ウゴアザミ


ハクサンフウロが満開だ






  



スケッチをする女性 『社』 のうらが山頂か・・・ N子さん

彼女は、7月中から一人で山にのぼっているとのこと、北海道の山々を登り
昨日は『鳥海山』、今日の『月山』で最後になると言っていた。
週末に家族と、蓼科で待ち合わせて名古屋に帰るそうです。

うらやましい気もするが、すごい気もする。
彼女にメルアドを渡し、後日画像を送る約束をした。


13:00 山頂を後にする 登りは右:姥ヶ岳から、帰路はショートカット チングルマ
リフトは右へ・・・ 玉こんにゃくを帰りにも所望しリフトへ 姥沢 14:41



ミヤマリンドウ

思いもかけず、ニッコウキスゲ、ミヤマリンドウなど、いきいきとした花たちに出会った。

粟島に沈む夕日 (笹川流れ)




月山は期待以上でした、残念ながら朝日連峰、飯豊連峰の展望は望めませんでしたが
『花たち』 は雅のために待っていたようだ。

ありがとう 月山

『いつかは百名山』へ  2005年一覧へ