2011年7月25日、26日
2,677m 蝶ヶ岳 蝶ヶ岳 〜 常念岳 常念岳 2,857m

『高山植物の女王』

毎年、夏はアルプスとの思いがある。
自由人になって4ヶ月・・・・急遽来月から働くことになった。ならば行かねば・・・・


『三股P』

高速長野自動車道の豊科ICを降り、豊科駅(西)に向かいます。駅のロータリーを右折、すぐ左折します。
あとは道なりでまっすぐ進み、『国営アルプスあずみの公園』、『ほりで〜湯・四季の森』を抜けて行くと、烏川林道になります。
そのまま進むと、↑の駐車場にでます。(インターから約18km)

7:43 林道歩き約1km 登山口 鉄橋
↑蝶ヶ岳、→ 常念岳  

2011年の梅雨明けは7月9日となり、平年や近年に比べても非常に早かった。
すぐ猛暑になり、どうなるのかと思ったら、台風がやってきた。
夏山ドンピシャのはずが、怪しい雲行きである。


 

 涼しいです  
8:32 力水  


 
バイケイソウ 沢から離れ登りに 階段


『イタ・・・・』





イチヤクソウ  カラマツ林  ツルリンドウ
 ベニナギナタタケ  




トンボソウ? ズダヤクシュ ゴゼンタチバナ
 
9:53 『まめうち平』
←三俣2.5km、標高約1,900m、蝶ヶ岳3.9km→



ここまでは急登もなく順調に登ってきました。
ただリュックが重い・・・・軽量化をはかっているのだが・・・・日頃の不摂生か・・・
以後、急登もあり超スローペースになりました。
オオバミゾホウズキ  ガス湧く トりアシ?ヤマブキ?ショウマ 




ガス  ?  11:40
カラマツソウ ガス ミヤマキンバイ




 オオサクラソウ  ヨツバシオガマ
12:39 ハクサンフウロ 13:01 大滝山分岐



『群落』

夏のアルプスの魅力はいろいろあります。
最盛期を迎える高山植物、山頂や稜線からの展望は文句なしのアルプスの魅力でしょう。

ツマトリソウ コバイケイソウ  イワカガミ
ハクサンシャクナゲ  稜線へ  アオノツガザクラ
ハイマツ帯へ  ← 長塀の頭(蝶ヶ岳山頂)  イワツメクサ

13:20

三股の駐車場から歩きはじめて 5時間37分、ようやく山頂です。

蝶ヶ岳の標高は、これまでは2,664mとされてきましたが、
国土地理院が昭和63年から進めている山岳標高調査の結果2,677mと、13mも高くなりました。
国土地理院測図部によると、2,664mは蝶ヶ岳ヒュッテ北方約1kmにある三等三角点の標高で、三角点は必ずしも
山頂に設置してあるとは限らず、南北に長い蝶ケ岳の稜線で、最も標高の高い地点を確定し測量した結果、2,677mと分かりました。
(蝶ヶ岳ヒュッテHPより引用)


二日目へ

ポータル『百名山』へ 


トップへ戻る