933.2m
番屋山
2009年 4月28日(火)

『見下ろす絶景』


今日のテーマは『里山新緑ゲット』です。

当然、新緑は里から始まり日に日に標高を上げていきます。
4月は標高1,000m未満が狙い目かなと思い『番屋山』を選択しました。


『守門川』

下田の『八木ヶ鼻』から『吉ヶ平』へ向かいます。
道なりにどんどん進み、道幅が細っても、どんどん進みます。
舗装道路が終わりますが、まもなく『吉ヶ平山荘(跡)』が見えてきます。


『吉ヶ平山荘』


山荘の前は、樽井橋駐車場ですので車はここに停めます。
この先200mくらいは進めますが、駐車できる場所は『墓所跡』ですので自粛しましょう。







10:13 樽井橋を渡ります 左手は『猿ヶ城』かな? 右手に見えるのは?
『大山桜』
『←源仲綱公墓所』 先行者 しばらく八十里の登山道を進みます
芽吹き 『 Y 字 路 』
10:27 『馬場跡』
『右 鞍掛峠13.4km』 『馬場跡 標高470m 吉ヶ平 0.7km』 『左 雨ヶ池 1.0km』

先行者は八十里越の方へ行ったようです。

杉林を抜け 少し進むと見晴らしが開けました 右に杉の大木参道?(帰りに寄ります)



『ブナ巨木』

ブナの新緑に誘われて直進、杉の巨木参道は右に見送りました。


『逆さ番屋山』

直ぐ、右手に『雨生ヶ池(まごいがいけ)』があり、直進の道もありますが、池沿いに右折します。


『切り株』




↑ 番屋山



『ブナの新緑』 と 『瑠璃色の雨生ヶ池』、暫くその美しさに足止め・・・・




『湖畔から守門岳?』


『雨生ヶ池』を見送り ブナ帯が終了 道なりに進み
番屋山 →
急登 スミレサイシン 『雨生ヶ池』を見下ろす
『粟ヶ岳』
雪道に・・・
12:09 山頂着

登り 1時間56分かかりましたが、かなり道草をしています。


『川内山塊』

山頂からは見晴らし良好です。
川内山塊との間には、『光明山』が確認できます。


『守門山塊』

『川内山塊』の反対側には、大迫力の『守門山塊』が直ぐそこに聳えています。


後方には、新潟平野と『弥彦山、角田山』が 前方奥には『浅草岳』が見えています




360度の絶景の中、至福の時を過ごしました。


下ります



『絶景』



ブナ林に囲まれた 『雨生ヶ池』







ブナ帯
輝く湖面





↑ 吉ヶ平
左折して凄い杉の参道へ
祠がありました 馬場跡
15:04 帰還



守門川の右岸沿いに少し登ると 『大池』の入口
『大池』から『番屋山』を望む


気にいりました『番屋山』、秋に又来ます。

ありがとう


2009年一覧へ


 シロート雅の
トレッキング日記