滝・桜
番外編
2007年5月13日


『達沢不動滝』


今日は、裏磐梯散策です。
といっても、目的はしっかししています。
青菁社の風景シリーズ で気になった『達沢不動滝』

去年の『会津五桜めぐり』で咲いていなかった『大鹿桜』です。







新緑出始め
携帯電話のカメラ画像 (クッキリですね)

『達沢不動滝』は、磐越道猪苗代ICから福島市へ向かう国道115号線から母成グリーンラインに入り、
橋を渡り右側の古い体育館を通り越してから右に入る道を曲がります、あとは道なりに5分ほど走ると林道になり滝の標識が出てきます。

『達沢不動滝』は大きな落差はありません。
これ以上の滝の方がはるかに多いですが、滝の幅が落差幅より広い滝は少なく貴重です。
また大岩からバランスよく流れ落ちており、滝の裏側が抉れており、人が入れます。
写真をとると非常にバランスがよく美しいです。
滝の撮影には三脚でのスローシャッターが基本ですが、何を表現するかなかなか難しい・・・・




『大鹿桜』


去年の4月29日の会津五桜巡りで訪れた際は全く咲いていなかった『大鹿桜』

達沢不動滝へ向かう途中に、もしかして遅いかなと思いつつ、咲いているかもと思い寄って見ました。

八重咲きの葉桜という感じですが、それはそれで個性的で気にいりました。



新緑の季節となった裏磐梯、ゴールデンウィークより混雑していました。
みなさんいい時期を楽しまれています。
さすがです。




ポータル『さくら』へ   ポータル『裏磐梯』へ


2007年一覧へ


 シロート雅の
トレッキング日記