1292.7m  粟ヶ岳  awagatake 2013年4月29日(日)

『核心』

山を登りはじめて13年目のシーズンになりました。
何の経験もなかったシロートが、21世紀の趣味として、チャレンジ精神で始めた山登りですが
己の限界も解り、何が何でも山から、多様な趣味の一つになりつつあります。
とはいえ、ドンピシャトレッキングはやめられません。



山開きへの参加は初めてです。
いろいろ調べると、ゴールデンウェークに合わせて行うところはいくつかありました。

受付 一足先に出かけるグループを見て 7:31 フライングスタート

山開き記念式典は市長の挨拶、安全祈願祭と進みスタートとなるのですが、
受付で記念バッチをもらって出発かと思ったら、ほとんどの人が式典を待っていました。
これは、待たなくてはいけない・・・・と思っていたのですが・・・・山頂に辿り着けるかの自信がなく・・・・
フライングスタートしてしまいました。


7:49

ダムを渡り杉林をひと登りすると、二合目です。
木々は芽吹き、日差しは春まっただ中を感じさせ、越後の里山が一番輝く季節を迎えています。




イワウチワ 初はしご ガマズミ?ムシカリ?
8:13 三合目  




三本ブナ 雪道  8:40 四合目
  『大栃平』  


 

9:02 五合目  急登にはハシゴ 難所
  9:32  六合目 『粟庭の頭』  


『ベストアングル』

難所を登りきると『粟庭の頭』の上に出ます。
ここからの眺めは格別で、まだまだ続く登山道がイメージでき、なんとしてもの気持ちになります。

『粟庭の頭』を振り返る ちょいトラバース 急登続く
 
9:56 七合目 『砺沢の峰』  

粟ヶ岳は手ごわい山です。
ここ七合目が関所になります、見晴しが格段に良くなるうえ、りっぱな小屋もあり、まったりしたくなります。
(ここでギブアップしたことがあります → コチラ


気合を入れなおして、なんとしても山頂に立つ・・・・
宝蔵山 〜 白山 山頂へ 守門岳
 崩壊帯へ 10:25 八合目 振返る
 権ノ神山  粟ヶ岳北峰 10:39  九合目 
   
  山頂へ  


『遠望飯豊』

今日は快晴の予定?だったのですが、山頂に近づくにつれ曇ってきました。
最後の登りに青色吐息 11:01 登頂


大賑わい


見えているパノラマは、川内山塊です、このエリアには人家はありません。
熊、カモシカなどの住む世界です。(ちょっと大げさですが・・・)


『守門山塊』

毎度おなじみの特性ラーメン、本年初めてのコシアブラの香りも楽しみました。

11:52 下山  

何度来ても、この展望には魅かれます名残惜しいですが、山頂を後にします。
当然、戻りながらも山々の連なりが作るアングルに引かれ、何度も立ち止まってはカメラに納めます。
雪ブロックの高さは5m以上あります。


左前のすっくと立ち上がっているのが、『一本槍』

権ノ神山、宝蔵山、白山へ続く稜線 12:42 七合目


 

下りは要注意  
13:04 六合目  


 

どんどん標高を下げまず


新緑のシーズンを実感

イワウチワ満開  





14:34 帰還



新緑と残雪が同時に楽しめるこの時期の越後の山は美しいです。


ありがとう、粟ヶ岳、また来るよ



ポータル『粟ヶ岳』へ

2013年一覧へ

 シロート雅の
トレッキング日記