1292.7M

2008年 4月16日(水)


『白山への縦走路』


今日は単独で『粟ヶ岳』です。
里は『桜の季節』から『新緑の季節』に移り変わろうとしています。
大好きな『粟』はどうだろう?まだ残雪がたくさんあるだろうか?それとも新緑がスタートかな?



『湖面鏡』

加茂市の水源地にある『粟ヶ岳県民休養地』から『中央登山道』を登ります。

7:50 一合目 7:58 タムシバ&オオカメノキ




第二貯水ダムを渡り、登山届けを出して湖畔を進みます。
まもなく粟ヶ岳登山口1合目の道標がありますが、湖畔の道は先に続いています。
右の杉林の急登を登りきると、新緑がスタートしていました。


『新緑街道』


今日は昼食を軽量化して、三脚とレンズを担いでいます。
ワカンと軽アイゼンも割愛しました。なぜか最初から『行けるところまででいい』と思っていました。

今日の目的は、いい写真が撮りたい・・・・
いつまでたっても『数打ちゃ当たる』から脱却したい・・・です。

標高300m 二合目 8:14 ブナ街道 ショウジョウバカマ
イワウチワ 『花咲く登山道』 カタクリ
三合目 8:47
休憩 

三合目までは新緑が始まり、真っ白なタムシバも咲いてきています。
なんとかいい写真を綺麗に撮りたいとパチリパチリもしていますが、難しいです・・・・

三合目で休憩していると、雅の倍速の健脚者『ヒメサユリさん』がやって来ました。
3月の守門大岳で再会して以来です。連日の山で少し疲れ気味とのことで、『今日は山を楽しみに7合目まで行きます』?







ブナ 四合目 
雪道・・・



『大栃平』

三合目から六合目(粟庭の頭)までは、ヒメサユリさんの後を追いました。
中央登山道は、痩せ尾根を突き上げていきますので、この時期は左右の見晴らしが爽快です。



五合目 三段梯子 残雪
『白山』 登ってきた尾根






まもなく『粟庭の頭』 唯一の難所 『守門岳』



『北峰、中峰、本峰』



『粟庭の頭』

『粟庭の頭』で担いできた、三脚とレンズを取り出し撮影タイム・・・・
しかし、やっぱり今一写真ばかりです・・・・

今日は登頂が目的ではなかったが、気が変わった。
いい写真が撮れないこともあるが、やっぱり粟はすばらしい。
ここまで青空がほとんどないが、『登るにつれての春から冬の逆戻り』が心地よい。
ここから先ははヒメサユリさんには先に行ってもらいました。



マンサク
七合目 粟ヶ岳ヒュッテ







『七合目=『砥沢の峰』に着くと残雪の中だ。(あたりまえか・・・)


ワカンもアイゼンも持ってきていない。
ここまでは問題ないがこの先は分からない、行けるところまで・・・・



後編へ