1292.7M
粟ヶ岳
2006年 2月19日(日)


五合目 『大栃平』 から


今冬は早い時期から大雪だったために例年とは山の状況が違うようだ。
2月といえば、一年のうちでももっとも厳しい時期である。
ところが今年はすでに雪がしまってきているのでは・・・・綴さん談
絶対くずれない日をねらっていた、いっちゃんも参加とのことで心強い?

6:25 アイゼンをつけて出発 キャンプ場 駐車場前 6:58 林道から貯水池へ
危険です幅1m、足を取られ転んでしまった 3合目までの尾根に取り付く 粟から白山の間の山々に日が当たり始めた


期待どおりの快晴へ

いいですね・・・・ 時々足が取れれる(体力消耗) 3合目 9:13
袴腰山 守門岳もくっきり 雪庇が出現

期待通りのお天気に、雅は写真を撮り過ぎて、3合目まで超スローペースにしてしまった。
アイゼンを付けていたが、思いのほか雪がやわらかく、ワカンにすばやく履き替えるべきだった。



5合目 『大栃平』から

 左から:7合目 砥沢の峰、手前尾根からのピーク:6合目 粟庭の頭北峰中峰




    


いよいよです



6合目 『粟庭の頭』 へ続く尾根ルート







雪庇が右にも左にもある 急登:夏道では梯子が連続するあたりか・・・・ 左雪庇



振り返ると 『袴腰山』、右下の『大栃平』からのトレースには後続者


ヤセ尾根で、右も同じようで、緊張しました。



『粟庭の頭』から一度下り、7合目のヤセ尾根を登る人々(正面奥は、北峰)



鎖場も危険です。雪がやわらかくなんとか通過。



10:49 『粟庭の頭』


7合目 『砥沢の峰』 の小屋が見えた


振り返ると 『粟庭の頭』 に後続者


7合目への急登で、雅は限界状態で超スローペースに・・・・
不摂生を反省しております。

11:40  7合目に到着、小屋は頭を出しているだけ、積雪3mくらいだろうか、絶景に『感動、感動、感動』


すばらしすぎます。7合目からの粟山頂は、最高・最高・最高


絶景に囲まれての昼食タイム


白山、菅名岳、二王子岳、飯豊連峰、権ノ神山



記念写真
山ではみんな、すぐ仲間です。


冬限定の絶景です

13:56 下山開始 6合目 粟庭の頭への登り
16:34 17:10 帰還



ありがとう 『粟ヶ岳』


期待通りの絶景でした。チャンスを確実にものにした感じです。
ただ、残念なことに、山頂には立てませんでした。お二人には、ご迷惑をかけました。

また、ご一緒しましょう。


チャレンジ粟



ポータル『粟ヶ岳』へ  2006年一覧へ