1,585.5m 浅草岳  Asakusa 2010年11月4日(木)

『三段紅葉』

紅葉の進み具合は一本調子にはいきませんが、2010年は猛暑の夏に加えて、9月中旬まで残暑が続き、その後の気温変化も変?
10月は日照時間も少なく天候不順でドンピシャ紅葉をゲットできない。


『六十里越から』


天気予報と紅葉の進み具合を考えて、ドンピシャの山を決めます。
今日の天気予報は『曇り一時雨』、途中の三条あたりではかなりの雨に降られました。多少天候が悪化しても楽しめるところを選択してあります。
浅草岳入叶津コースは、原生林のようなブナの森があります、豪雨でなければ問題なく紅葉もドンピシャと読んでいます。



栃尾から入広瀬に来ると青空が広がり、六十里越への九十九折りを上がっていくと、真白な山が見えました。
え・・・・想定外の積雪です。県境のトンネルを抜けるとなんと三段紅葉になっています。


『浅草岳』


浅草岳山頂付近の積雪を歩くには、アイゼン&ワカンが要りそうです。
選択肢は二つ、@入叶津口からブナの森を堪能するかA田子倉口から鬼ヶ面眺めの絶景を楽しむか・・・・
ブナの森はまた機会を見つけることが出来ます、三段紅葉をゲットします。

8:36 沢添いに進みます 絶景






見上げる
沢から離れます




JR只見線の『たごくら駅』の近くにある登山口には広い駐車場があります。
6月最終週の山開きには、たくさんの人がヒメサユリを目当てに集まりますが、今日は貸し切りです。







紺碧
美味しそうな 『ツキヨタケ(毒)』



今日の計画のメインテーマは『入叶津の沼の平にあるブナの森』を堪能することでしたが、
田子倉コースにもすてきなブナ林があります。規模では劣りますが・・・・


『大久保沢の水場』





ブナ林の紅葉はドンピシャです。
落葉が始まると木漏れ日が入るようになり、低木や下草の紅葉が始まります。
このタイミングが一番美しいと思います。







雪が出てきました
山頂までは難しいかな?



『絶景にたたずむ』




ブナの森を抜けると枝尾根の登りになります。
この辺りから雪道になり始め、落ちたばかりのもみじとのコントラストがとっても良いです。

均等?に落ちたもみじ



『中先尾根へ』

大久保沢の水場からは高度を上げていきます。
浅草岳山頂まで突き上げる中先尾根に乗ると、後方に田子倉湖、左方に鬼ヶ面山が手に取るように見えます。

『鬼ヶ面山』が見えてきました
『田子倉眺め』




紅葉に新雪に青空の取り合わせに、舞い上がっています。
右も左も上も下も・・・・美しい・・・・










『鬼ヶ面眺め』 より『浅草岳山頂』

今日はここまで・・・・スローペースで、約2時間半の散歩でした。



引き返します


風の当たらないところを見つけて至福の時を過ごします。
話題は、今までの紅葉NO1の『高妻山』と、どっちが一番か・・・・
まったく別モノで引き分けです。


『下山』

ピークハントも一つの楽しみ方ですし、お気楽行けるところまで・・・も一つに楽しみ方です。




光の方向と角度が変わり、登りと違う紅葉に見えます。

それにしても、見晴らしのいい中先尾根です。




ブナの森も登りと違う森のようです。

見とれるばかりの紅葉ばかり・・・
今にも燃えだしそう・・・





今シーズン最高の紅葉を堪能しました。


帰りがてらにも、パチリパチリ。自己満足の下手な写真ですが、十分満足しました。

ありがとう、浅草岳、また来るよ




ポータル浅草岳へ  2010年一覧へ


 シロート雅の
トレッキング日記