荒沢岳 1,969m Arasawa 2009年 6月27日(日)

『難所』


4日前に、十字峡〜中ノ岳〜駒ヶ岳〜枝折峠 を縦走した。
お天気は今一であったが、縦走路から見えていた『荒沢岳』に登頂意欲を掻き立てられた。

去年の秋、念願の初登頂をした『荒沢岳』に季節変えて登ります。



 6:48 『登山口』

小出ICを降り、国道352号線で尾瀬方面へ向かいます。
シルバーラインのトンネルから右折して銀山平へ出ます、すぐ橋を渡り突き当たりを右折します・
まもなく左に荒沢岳登山口があります。




『枝折峠』 7:28 『前山』






『越後駒ケ岳』 木々が生い茂る尾根道






マイズルソウ 山頂が見えます ツクバネソウ
7:50



『前ー(マエグラ)』


荒沢岳は名前の通り、荒く削り取られた沢が多数ある。
また登山道の途中の、難所 『前ー』を越えていくところが独自性=個性を際立たせている。


かなりのトンガリです



『鬱蒼』








8:28 『これより岩場注意』 悪場始まる 右手の『越後駒ケ岳』



梯子多数 鎖も多数 まだまだ続きます



『最後の梯子』

梯子を上り切ると視界が開けます。


『万年雪の西本城沢』

『前ー』の途中に突如でます、目の前の岩壁に圧倒されるとともに、ここをどうやって越えるのか・・・

8:50

いよいよ最大の難所です。
最初は少し下ってからトラバースします、その後滑りやすい石の続く登りになります。
鎖に頼らないと、滑ったときにはまっさかさまに落ちてしまいます。







若者が前にいます



長〜い鎖が続きます 見下ろす
よじ登る 鎖続く
鎖なし水平移動 越えました・・・


9:30 『前ー山頂』


難所を越えて大休止です。おにぎりを食べ体力回復を図ります。
気温が上がってきています、予報どおり真夏日になるのでしょうか・・・・
尾根道が続きます






左滑落注意
尾根道を振り返る
傾斜がきつくなってきました ウラジロナナカマド



10:55 山頂稜線にでました




下山者 左注意
イワカガミ
ツガザクラ シラネアオイ
あとひと登り



11:14

4時間26分かかりました。
せまい山頂からの見晴らしは素晴らしく数人の人がいるだけでした。

『荒沢岳から兎岳への縦走路』

『越後三山』は『八海山』『越後駒ケ岳』『中ノ岳』ですが、八海山の代わりの『荒沢岳』を加えると『裏三山』になるそうです。
『荒沢岳』から『兎岳』の稜線が整備?されて、この三山縦走をする方がいるそうです。凄いですね・・・


『兎岳 〜 中ノ岳』

また、horoiさんが十字峡から丹後山経由で兎岳、荒沢岳までを1日で縦走しています。


眼下に『銀山平』、中後方は『毛猛山』、右後方にはピラミダルな 『未丈ヶ岳』


左前の『花降岳』の後方は、『会津朝日岳』から『会津駒ヶ岳』、中最後方は『燧ケ岳』、右奥に『平ヶ岳』



11:35 下山開始


ウラジロナナカマド





『前ー』


12:45






トキソウ






ハシゴ帯へ






最後まで気が抜けません
最後の『前ー』






『前山』
15:05


下りは3時間半かかりました。バテバテです。
やはり今日の気温は、魚沼で32度になったそうです。


気力・体力が伴わないとチャレンジできない『荒沢岳』ですが、それだけに満足度も高いです。



『ムシトリスミレ』

超危険地帯にあった食虫植物、『日本平山』で見て以来です。


又来るよ、ありがとう



紅葉の荒沢岳へ

2009年一覧へ