1963M
雨飾山
2006年 6月14日(水)


布団菱


天気予報がころころ変わる、梅雨入りの予報が水曜だけは晴れに変わった。
最後の晴れかもしれない・・・・雨飾山が浮かんだ、







去年秋に登った『大渚山』 『雨飾山』からガスが取れていく 登山口は雨飾高原キャンプ場管理棟前






7:05 出発 しばらくは平坦な湿原を進みます 1/11 の意味は?  1は400m  7:12






7:12  2/11左へ取り付き登りスタート



ブナ林の急登が続きます


      

この急登に、イワカガミが咲いていました。濃いピンクでかわいかったです。
ここで、男女二人に抜かれました。


先行者 二人の後を追う

急登を抜けると、残雪のブナ林帯に入った、実はここからがルートがはっきりしない。






8:12
僅かこの間なのだが、迷子になった 5/11
ここで、Tさんが上から降りてきた、やはりルートが判らないとのこと・・・・二人で探しました。発見・・・・



ようやく本日のメインの『荒菅沢と布団菱』を目にする、8:58


見とれる雅


秋の荒菅沢




尾根に取り付くと、シラネアオイ 高度を上げるにつれ、後ろに山々が・・・ サンカヨウ
岩尾根をさらに進みます カタクリ
ツマトリソウ 急登です ようやく緩やかに
笹平 10:51 山頂 シラネアオイは満開



ハクサンイチゲ と 左から『焼山』、奥:『火打山』、『金山』、『天狗原山』







10・11 最後の400mだが・・・ 雨飾温泉からの登山道(後ろから) 最後の登りが・・・・
荒菅沢を見下ろす 11/11  4,400m
11:24


白馬岳




山頂より、中央:『焼山』、右奥:『火打山』、『金山』、『天狗原山』


12:48 山頂を後にする 荒菅沢を下る下山者 3人


気分爽快の下り



高妻山

名残り惜しい・・・・
まもなく登山口

15:30 無事下山

梅雨の晴れ間の『雨飾山』
今年は雪が多かったので、残雪がこの時期まであった。

雨飾山は大好きです。また着ます。


秋の雨飾山へ

ポータル『百名山』へ    2006年一覧へ