1422M
三方分山
2005年 1月 12日(水)

精進湖越しの『子抱き富士』 (三方分山登山道から)

青空と富士を求めて旅立つ

前日、会社を終わり積み込みをして出発する、
今日中に、新潟県を抜けて群馬県のSAで、車中泊の計画だ。
新潟はくもりだが、三条から先は吹雪となった、長岡を過ぎると激しくなり、小出地方に
大雪警報がでたことをラジオで知った。なんと路面が圧雪になりでこぼこ道となり
2車線が、1車線で走らなければならない状態となった。こんなことは初めてだ。
案の定、事故が発生し、2ケ所で1時間以上ストップしてしまった。


7:12 赤城PA出発 圏央道に入ったら、富士が正面に現れた 中央道に入るとどんどん迫ってくる
高速バス停に駐車 (ごめんなさい) あまりの迫力に・・・・・ 河口湖 IC  10:41

雅は仕事の関係で年末年始は1日しか休めない。少し遅い正月休み1週間。
なにかスカットすることをしたいと考えていた。やはり山には行きたい・・・が、冬山は自信がない。

そうだ、富士山を見に行こう。
山と渓谷社の『富士の見える山ベストコース』を紀伊国屋で発見。
いくつかの山に登り、富士山をいろいろな方向から見よう。
11時過ぎに精進湖に到着 登山口は精進バス停のすぐ奥 11:12出発 そのまま、村内を進む、左に三方分山





 
三方分山到着 13:03  昼食タイム14:14まで
あまりにも期待通りで、ずっとここにいても良いと思った。
雲がかかったり、刻々と表情を変える富士。


山頂をあとにしても、富士の絶景は続く。
日が陰り始めた、尾根道は北風が強い。さすがに晴れていても気温は低い。

精進峠から下山 14:47

山田屋ホテル前に出てきた。

バス停1つ分を歩き車をまわした。
今日の最後の富士は、ここで見よう。
刻々と変わりいく夕暮れの富士


15:54


17:03


新潟を出て、初日は早くも大満足で終わった。
ダチョウの肉をだべようと河口湖方面に車を走らせたが終わっていた(休み?、非営業?)
ガストで食事をとり、二日目の予定『黒岳』登山口へ向かった。



朝焼けの富士
天下茶屋前より

富士山めぐりへ

シロート雅の
トレッキング日記